マウスピース矯正以外の治療法も効果がある

様々な歯列矯正

矯正器具を持つ人

マウスピース矯正は万能ではない

周囲の人に歯列矯正を行なっていることを知られたくない場合、目立たないマウスピース矯正は役立つでしょう。多少の時間を要する治療法ですが、じっくり歯並びを改善していくことが出来ます。しかしその治療法によっては長時間マウスピースを装着しておかなければならず、虫歯になってしまうリスクも高くなるのです。また、歯並びの状態によってはマウスピース矯正に向いていないことも考えられます。

目立たない裏側矯正

歯の裏側に矯正装置を固定する「裏側矯正」は、目立たない矯正治療方法の1つです。マウスピース矯正と異なる点は多数ありますが、一見すると矯正治療を行なっていることが分かりにくくなっています。一般的なブラケット矯正よりも虫歯になりにくい点も魅力的です。

小児歯科でも行なわれる矯正治療

6歳前後になると歯が生え変わり始めます。乳歯に歯列矯正は必要ないと考える人もいますが、実は永久歯の歯並びを良くするためにも専門的な治療は必要です。乳歯のうちに矯正治療を行なえば、顎の骨の発育を促し、永久歯に生え変わる時に歯が歪みません。自然な美しさのスマイルラインを手に入れることが出来ます。

審美歯科やインプラントも人気

多少の歯並びの歪みを改善したい場合、審美歯科による治療でも十分な効果を得られる可能性があります。歯の黄ばみなども解消させることが出来るため、見た目を美しくしたいという人に最適です。インプラントは歯が抜けてしまった時に役立つ治療法として人気があります。

~歯列矯正のお悩みを解消~

歯科によって費用は違うの?

虫歯治療や歯周病治療には保険が適用される場合がほとんどです。しかし歯列矯正は自由診療であるため、一般的な診療と比べると高額だと言えるでしょう。治療費は歯科によって数万円ほどの差があります。事前に調べておくことが理想的です。

受け口を改善することも可能?

下顎が突出してしまい、噛み合わせが逆になっている受け口で悩んでいる方は、歯列矯正治療を受けた方が良いと言えるでしょう。乳歯があるうちに矯正を行なっていれば、受け口を始めとした様々な歯並びのトラブルを回避することが出来ます。

矯正治療は痛みがある?

ブラケット矯正の場合、ワイヤーを締めていく際に痛みを感じることがあります。マウスピース矯正は痛みが少ないことでも人気がありますが、個人差があると言っても良いでしょう。医師に相談して治療法を選択することが大切になります。

虫歯があっても矯正は行なえる?

矯正治療を行なう場合、虫歯や歯周病の治療が優先されます。虫歯や歯周病が悪化することを予防するためにも、健康的な口腔内を保ったまま歯列矯正を行なうことが理想的です。まずは歯科で診察を受け、治療方針を決める必要があります。

短期間で歯並びを治したい!

歯列矯正の方法によって治療期間は異なってくるものです。短期間で歯並びを改善したいのであれば、ブラケット矯正を選択することが最適になります。マウスピース矯正は少なくとも2年前後という治療期間を要するため、即効性はありません。

参考になるコンテンツ一覧

矯正器具を持つ人

様々な歯列矯正

マウスピース矯正以外にも歯並びを改善するための治療があります。歯科で行なわれる歯列矯正の方法を比較し、自分に合うものを見つけましょう。治療に関する疑問を解消しておくには、事前の情報収集は徹底しなければいけません。

READ MORE
矯正

歯科を選択するコツ

腕の良い歯科医に歯列矯正治療を行なってもらうためにも、評判の良い歯科を探すコツを押さえておきましょう。口コミサイトなどを参考にしてみることも悪くありません。費用や支払い方法なども併せて確認しておくと安心です。

READ MORE
広告募集中